B型肝炎

【対象者】生後1歳に至るまで(1歳の誕生日の前日まで)のお子さん

【接種回数及び間隔】
標準的な接種期間は、生後2月に至った時から生後9月に至るまでとなっています。

接種期間内に3回

2回目:1回目終了後27日以上の間隔をおいて接種してください。(1回目の接種から4週間後の同じ曜日以降接種可能となります。)

3回目:1回目終了後139日以上の間隔をおいて接種してください。(1回目の接種から20週間後の同じ曜日以降接種可能となります。)

母子感染予防のために抗HBs人免疫グロブリンと併用してB型肝炎ワクチンの接種を受ける場合は健康保険が適用されるため、定期接種の対象外となります。

【通知】生後2ヵ月になる頃に乳幼児(3・4カ月児)健診のお知らせと一緒にお送りいたします。

戻る
メニュー
HOME 予定 知識 HELP